FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行政視察

2009.02.05
 2月3日・4日の二日間、市民クラブのメンバー4人で山形県酒田市・新潟県阿賀野市を訪問してきました。酒田市は山形県立病院(日本海病院)と酒田市立病院(酒田病院)の統合を進められています。当市を訪問し病院についての説明を受けました。
 説明では統合に際し、当初は、市民病院の老朽化についての検討委員会では、建替えを基本に検討されました。現状の400床の儘では、人口減少からして維持は無理であり、病床数を250~300床では全国的に健全経営が難しい規模と言われている。そこで、単独では無理との結論から県立病院との統合問題が浮き上がってきたようです。”地方独立行政法人山形県・酒田市病院機構”を設立し、3年後に統合病院完成と共に、新病院として機能するようです。
 また、一方阿賀野市では、健康福祉に力を注いでおられます。北欧のフィンランドは、1980年代に「施設ケア」ではなく「在宅ケア」に切り替え、世界に誇る効率的な高齢者対策のノウハウを蓄積しています。又、フィンランドの高齢者福祉の特徴は、高齢者の「自立した生活」の支援と徹底した「介護予防」です。
これらの特徴を取り入れ、阿賀野市の健康福祉に生かせていく計画を力強く進められています。高齢者自らが自分の力で生涯を生き抜く力を養うためのプログラムを立て、高齢者福祉に取組まれていました。

 阿賀野市の最寄駅(JR水原駅)の近くに、白鳥・鴨等の水鳥の飛来している”瓢湖”がありました。
視察の帰りにタクシーで回ってもらいました。行けの大きさはほぼ小野の大池くらいかと思います。飛来数は、4,060羽だそうです。
s-瓢湖
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。